「杭の三誠」から次のステージへ

 三誠は1995 年の設⽴から、2018 年で23 周年を迎えます。建築の基礎の商社としてスタートし、より⾃分たちの⼿で業界に貢献をしていきたいという思いから、⾃社での開発と販売を始め、これまで多くの建物や⼟⽊建造物にご利⽤いただきました。
 今私たちは、これまでの「杭の三誠」から「構造の三誠」へと次のステージへ挑戦の域を広げ、より総合的に⾼品質なサービスをお届けしていく真っ只中にあります。次の時代の核となる新しいテーマを常に貪欲に模索し、積極的にチャレンジしています。

業界トップクラスの企業評価

 私たち三誠は、企業評価系データバンク等において、建設業界としては最⾼ランクの評価をいただいております。⼤⼿のゼネコンよりも⾼い数値をいただくことも多々あります。私たちが業界の中では珍しく、専⾨業者として⾃社内で研究開発を⾏なってきたことが⼀つの⼤きな理由です。素材、設計・施⼯⽅法などを常に⾃ら考え、アップデートしてきたことで唯⼀無⼆の価値を創造してきました。これも私たちの⾏動指針であり、社名の由来でもある三つの誠「誠⼼」「誠意」「誠実」な姿勢の産物だと思います。

強⼒なチームワーク

 私たちの会社を訪れたお客様から、チームワークの高さをよくご評価いただきます。実際に私たちは、業界の中でも最も強力なチームを作れていると思います。三誠では、費用を惜しまず、徹底的に研修を行ないます。この研修は専門性(スペシャリティ)を身に付けるのはもちろん、働く心構えを学び、ビジネススキルを磨くことも目標としています。ですので、三誠の従業員は人として強いのです。この人としての強さが強いチームワークを生み出します。また、社員一人一人は家族のように大切に扱うというモットーがありますので、転勤も会社の都合で考えるのではなく、その人が最も活躍できる場所に配属されることを重要視するため、上層部は日頃から社員の一人一人の得意なところや苦手なところはどこなのか考えています。年齢も役職も関係なく、皆が互いに思いやりを持って仕事をしています。


業界のチームワーク

 私たちのチームワークは、社内だけにとどまりません。会社の設⽴当初から、多くの社外の⽅々と⼒を合わせて今⽇までやってきました。会社の利益を優先せずに他企業のために⾝を削ることもしばしばありました。そういった企業は今でも強い仲間関係にあります。この独⾃の繫がりがビジネスをよりフレキシブルで⾃由でスピーディなものにしていくのです。また、毎年、構造専⾨家向けのセミナーも⾏なっています。⽇本全国から構造業界の先駆的なメンバーが集まり、勉強や交流する場を積極的に作っていくことで、構造業界としてどのように社会に貢献していくかの突破⼝を業界の皆で模索しています。